マツダはCX-8が良い、3列シートでSUV

最近はSUVに3列シートの7人乗りが人気があるようで、マツダもそんな流れに乗ったとか。CX-8ですね。

f:id:kxn975:20180810135925j:plain

これはカスタムモデル、非売品のショーモデルなんで、一般モデルよりもカッコよく見えてますが、実際CX-8はかっこいいです。

CX-8に限らず、最近のマツダ車は見栄えがかなり良くなりました。一昔前までは、値段で買うブランドだったのが正直なところじゃないでしょうか。

このでかいグリルと細目の顔になってからは、一気にブランドイメージが上がりました。街中で見かけてもちょっと目で追っかけてしまいますね。まだ全店舗というわけではないですが、店舗がブラック色にリフォームされて、中に照明の当てられたソウルレッドのCX-8だけでなくアクセラとかデミオまで置かれていて、まるで高級輸入車ディーラーのような雰囲気です。もちろん昔ながらの水色でMAZDAと書かれた店舗も同じ車が買えるわけですが。

f:id:kxn975:20180810135931j:plain

マツダはブランド内で基本的に全部同じような顔のいわゆるファミリーフェイスというやつです。ただ、新しく車種が出るたびに微妙に新デザインを取り入れている。例えばヘッドライトデザインなんかCX-8ではちょっと特徴があり、新鮮に感じます。

f:id:kxn975:20180810135936j:plain

塗装もいかにも厚そうで、それは上位モデルであるCX-8に限らず、CX-3CX-5でも同じような傾向です。最近はソウルレッドだけでなく、普通よりもラメのしっかり効いたガンメタリック色もよく見かけます。ガンメタなんて普通は保守的な色なんですが、このCX-8では決してワックスのかけ具合を超えた艶感がにじみ出ており、すごく色っぽい。

f:id:kxn975:20180810135942j:plain

 

CX-8は去年発売されましたが、販売台数的にもやはり、良い感じですね。
マツダに限らず、最近はクロスオーバーSUVに3列シートを載せちゃうのがよくありますが、とくにマツダは走りに定評がありますので、当然触手が伸びます。

以前はMPVなんて車種もありましたが、実は結構最近まで売っていたようで、CX-8MPVの後継モデルということになります。CX-5より一回り大きくて、エクストレイルの3列シートなんかよりも余裕があるはず。しかし、やはりSUVベースということで、箱型ミニバンの3列シートよりは圧倒的に狭い。そもそも3列目シートを常用するような使い方は、少数派なはずで、もしそれを求めるなら、絶対に普通のミニバンを買います。でもたまに、多人数乗車に対応したい。あるいはちょっとラゲッジが広いほうがいいなっていう、自分のようなヒトには、このCX-8は最適というわけですよ。2.2Lクリーンディーゼルもかなり魅力的ですが、これは煤問題などたま~に聞くこともあり、このあたりはうまくメンテナンスして乗り切りればいい。値段は400万円で必要十分なグレードが買えるはず。

最近のマツダは下取りもいいらしいから、このあたりも妻を納得させるポイントかも。でも廃車まで乗るつもりですが。

季節外れの雪

関東を中心に雪が降りましたね。真冬のような光景になった地域も多いんじゃなかったでしょうか。季節外れの雪は交通機関も麻痺しますし、迷惑ですよね。
犬は雪が好きのようです。私は嫌いですが。